スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負けるのが分かっていても挑まなければならない時がある

負けるのが分かっていても挑まなければならない時がある
戦わねばならないときがある

だれだっけ?ハーロックが言ったのだっけ?
ボードレールだったかもそんなような事言ってたっけ?
今まさに

損をするとわかっていても働かねばならないときがある


季節的にあまり動くのにふさわしくないこと。
4月の子どもの預け先キープのためにも、
少なくとも4月or5月まではやり遂げますよ。

(小声で)ホントは、契約もっと先までだけれども、そこまでは自信はないの。w

仕事は、受けるからにはちゃんとやります。
大人ですからね。プロフェッショナル(ハッタリ。w)ですから。

私もいろいろと前期は学校関係も動きがあるし、
ええ、こちらも都合よくさせてもらいます。

それくらいの旨味は味わっても許されるよね。
そうじゃなきゃ、きっと続けられないだろうし。

さてと、気合いれてかないとね。
朝起きられないから。www




スポンサーサイト

さて

今年は、カレンダーのせいか4日から通常勤務の方多いと思います。
でもって、うちも例にもれることなく相方は、本日より出勤。

ここで、初めて私の正月が来たかと。w
まあ、できればおちびたちも学校に……と行って欲しいところですが、
なにせ雪国の冬休みはなごうございますので。

31日は、年越しの準備などばたばたしておりまして、
1~2日にかけては、相方の実家へお泊り年始に。
近いんだから泊まらなくても良さそうなんですが。

如何せん、義母が義父と二人きりになるのが嫌なようで……
3人もきょうだいがいて、うちばかり何故ぞんなに気を使わねば?
シングルになってる他のきょうだいは、別に正月だから泊まるってこともなく
自由に顔出して帰るっつーだけなのに。

と正直な嫁目線。
だって、いろいろな事情が多いご実家なので
あまり首つっこみたくないし。w

ま、私がどうこうできることじゃないし、
いいんですがね。

幸い、来週まで
仕事のない私は、今週はフリーダムにやらせていただこうかと。
仕事もね、新しい派遣先の契約書も届かないので、
ああこのまま、無かった話にならないかなあとか、
ああ仕事あるだけましかあとか、
仕事に関しては、深く考えずにいたいものです。

正直、フルタイムだと
家の事相当手抜きになります。
つか、できない。w

それを収入でカバーしたいが、
地域の最低賃金だとフルタイムの恩恵が薄く感じられ
あいもかわらぬジレンマに陥りがち。

ああ、考えるまい。考えるまい。
この一週間は、
幸せに暮らしますよ。

ええ。

あけました、だからどうした的な

なんていうんでしょう。

今年は、いつになく新年明けた感がないというか、
年を新たに語る意気込みがないというか、
去年からの惰性でうごいてるような、いつもの平常モードより
やや厭世的な感覚で正月を過ごしております。

とくにやる気がないとかでもないんですが、
覇気もないみたいな。

なんとなく、こううすぼんやりとした新年。
なんていうんでしょう?
4月とか5月ぐらいになったら、グラデーションのように
微妙な按配の変化の先に新しい年を生きてるのかもです。

ここ最近、動きが激しかったからなのかしら?
とかも考えるんですけどね。

平穏無事に居られれば的な静かな気持ち。
単に年とったってことかあ?w

でもでもでもでも

今度こそ、希望職種で復帰。
そう思ってたのに。

結局、現在の仕事を
同じフロアの違う部署で更新。

……不本意。
非常に不本意。

いや、職場としては申し分ないです。
仕事内容も悪くはない。
むしろ、勉強させられるべきこと多くてためになります。

でも、最低時給から社会保険引かれます。
でも、失業が長引くよりはいいかなという判断です。

希望職種は、どうしても月30~40の残業がついてまわります。
せめて下が小学校中学年ぐらいにならないと、
私にも家族にも負担が大きくなりそうだし。

でも、年齢的に
少しでも早く希望職に就かなくてはというあせりもあります。
なんでだか、あきらめられません。

人は、昔とった杵柄と笑います。
でも、ボクはその仕事をしている間は、
なによりも仕事してるのが楽しかったんです。

でも、生きてくために働かなければならないときもあるわけです。
仕事があるだけ幸せと今は思うことにします。
テンキーの鬼になるつもりで。w


セレブ

今回は、短期間のお勤めだったけれども、
なんかとても周りの人に恵まれた職場だったなあと。

あと一週間ちょいでおわりなんだけれども。

女子(年齢層たかめなんだけどね)の集団なんだけど、
全然、狂犬なんかもいなくって。w
仕事が複雑のせいもあるのだろうけど、
周りの人が、すごくいろいろと教えてくれる。

よくみるとお互い入力したもののチェックするときに、
この処理はあーだこうだと、話し合う姿がみられる。
なんかね、時給がちょー安い割には、
私の配属されたところは、意識の高い人ばかりで
すごくタメになったなあ。

もう意地悪とかぶちぎれた人がいない職場というだけで、
御の字なんだけれども、すごく同僚には恵まれたこと感謝したいっすねー。

なかでも、二人ほどベテランさんがとても
私の面倒をみてくださって、さらに感謝。

一人の女性は、もう四十半ばもすぎてわたしよりちょっとおねいさん。
とても品のよさがにじみ出ている。
でもって凛としてるっつーかなあ、とにかく光ってる。

で、世間話なんかをしていると
なんか本物のセレブな匂い。
地元民と雰囲気がなんか違う。

よく聞くとやっぱり、地元の人ではないよう。

なんかお金持ちの奥様かしら?
と話の端々で感じてるのだけれども、
絶対、旦那様の職業がなんだとか言わない。

私がお医者の奥様?と感じたのも、
自慢話とかそういいうのからではなく、さりげない日常の話から。
気取ることもなく、嫌味なところが全くない。

経済的だけではなく、精神的に本当に余裕のある人。
仕事も誇りと自信をもってやってらっしゃる。

なんていうか、私のようにいい年してジタバタしてる感じがない。
時給と生活のジレンマに陥って悩むこともないから、
生まれる余裕でもあるんだろうけど。

でもちゃんとしっかり立ってらっしゃる女の人、
かっこいいなと。
なんか、これだけでも社会復帰した価値ありって感じ。

私も余裕があるね。
と人から思われるような生き方をしたいものだ。

ああ、だって常にてんぱってる人生なんだも。www

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。