スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負けるのが分かっていても挑まなければならない時がある

負けるのが分かっていても挑まなければならない時がある
戦わねばならないときがある

だれだっけ?ハーロックが言ったのだっけ?
ボードレールだったかもそんなような事言ってたっけ?
今まさに

損をするとわかっていても働かねばならないときがある


季節的にあまり動くのにふさわしくないこと。
4月の子どもの預け先キープのためにも、
少なくとも4月or5月まではやり遂げますよ。

(小声で)ホントは、契約もっと先までだけれども、そこまでは自信はないの。w

仕事は、受けるからにはちゃんとやります。
大人ですからね。プロフェッショナル(ハッタリ。w)ですから。

私もいろいろと前期は学校関係も動きがあるし、
ええ、こちらも都合よくさせてもらいます。

それくらいの旨味は味わっても許されるよね。
そうじゃなきゃ、きっと続けられないだろうし。

さてと、気合いれてかないとね。
朝起きられないから。www




スポンサーサイト

でもでもでもでも

今度こそ、希望職種で復帰。
そう思ってたのに。

結局、現在の仕事を
同じフロアの違う部署で更新。

……不本意。
非常に不本意。

いや、職場としては申し分ないです。
仕事内容も悪くはない。
むしろ、勉強させられるべきこと多くてためになります。

でも、最低時給から社会保険引かれます。
でも、失業が長引くよりはいいかなという判断です。

希望職種は、どうしても月30~40の残業がついてまわります。
せめて下が小学校中学年ぐらいにならないと、
私にも家族にも負担が大きくなりそうだし。

でも、年齢的に
少しでも早く希望職に就かなくてはというあせりもあります。
なんでだか、あきらめられません。

人は、昔とった杵柄と笑います。
でも、ボクはその仕事をしている間は、
なによりも仕事してるのが楽しかったんです。

でも、生きてくために働かなければならないときもあるわけです。
仕事があるだけ幸せと今は思うことにします。
テンキーの鬼になるつもりで。w


うしっ

明日から、10年ぶりフルタイム!w
善い事も悪いことも推進力に変えてがんばるぞーーーーー。

とりあえず

2ヶ月で。
受けました。w

まあ、保険料引かれなくても
時給の低さから旨味率低いよね。

でも、何かをある程度譲渡しなければ
この環境では仕事自体にありつけないのもまた事実。

できるだけ、少ないリスクで
家計がプラスにできるよう。

それで、少しだけ自分に厳しい条件でがんばるというところで。w

正直、フルタイム長期も10年ぶりなんでね、
自身がなかったのもあるので。
自分なりの社会復帰へのトライアルとしてなら
この条件でも充分かなと思う。

保険料払って長期でってのは、ちょっと想像も及ばなかった。
この収入や条件ではね。

ここは、がんばりどころと思って、
自分建て直しにがんばります。

でもね。
厳しい条件で突きつけてきた派遣会社ではあるんだけれど、
何社か登録してるうちでひとつの案件がダメになったあとも
仕事を紹介の連絡くれるところって他、ないんですよ。

だから、勝手に長期の話に摩り替えられたのは
キッソーって感じはあったものの、
営業さんには感謝してます。

2ヶ月の短期の枠にも入れてくれたしね。
だから、あとは私のがんばりで答えていかなくてはと思ってます。

とにかく、派遣会社に対して就業の実績をつくることが大事なんですよ。
派遣社員は。
つまんない条件の仕事でもキチンと責任持って勤めることが、
派遣会社と派遣就労者の間の信頼関係なんですよ。

これは、経験から言えることで、
景気のよいときでも条件よく働いてたときでも
のちのち助けてもらえるんですよ。

まあ、このご時勢条件どおりの仕事なんかはでてこないとは思うけど。
つなぎのちょろちょろした仕事でもね、コンスタンスに紹介してもらえるようになれればいいかなと。

就活は、2ヶ月間お休みってことで。
さすがに、全否定の繰り返しはどんなに前向きにがんばってても堪えます。
だから、ちょっと仕事して
がんばれる自分の再確認してみようと思います。

ホントにいろんな世の中の事情ってのを肌身に感じました。
でも、無駄ではなかったとそう思いたいっすねー。

ま、月曜からがんばりまーっしゅ。

難しい難しすぎる!

いろいろ調べてみた結果、扶養認定の金額とは別に
2ヶ月以上の就労とか1日8時間週40時間勤務とかそれに準じる就労がある場合、
社会保険への加入が義務付けられてるらしい。法律で。

つまり派遣でフルタイム長期を希望した場合、
時給が安かろうが交通費でなかろうが、
社会保険に加入しなくちゃいけない。

首都圏ならまだ時給もよかろう。
この北の最果ての最低時給の金額で週40時間働いたって
月収10万前後だ。しかも、派遣会社によっては交通費なしのこの時給だ。

扶養を外れ、配偶者手当を削られて
働く意味が果たしてあるのだろうか?

1000000000000000000000000000000000000000000歩ぐらい譲って、
自身が社会保険に加入したとしよう。
しかし、派遣業。
この長期期間が切れたあとに、すぐ切れ目なく仕事が見つかる保障がない。

また夫の扶養に入って、その2ヵ月後とかに仕事が見つかったらまた扶養を外れるって事になりうるわけでして。
夫の会社の担当者の人、怖いし。
そんな面倒をこの先、繰り返すっていうのもちょっと

今回は、親方日の丸関係らしいので時給が低いとかって話だけれども、
この案件が自分に回ってきた理由がわかった気がする。
割りに、絶対合わないからだ。

そりゃあ、月5~6万収入があれば御の字だけれども
夫の収入から下手すると最低でも24000円のマイナスがでてしまう。
6万から、2万4千円ひかれたら、あーた。
4万以下ですよ。

そしたらパートで1日4~5時間働いてるのと変わんない手取りっすよ!

ねえ、なんかフルタイムで働くメリットって何?って気持ちがぬぐえないんだけど?
お国は、低所得者からどんだけ搾り取れば気が済むのだ?
なんだこれ?

はたらきたい気持ちはある。
フルタイムにこだわってるわけじゃないけど、フルタイムで働く収入が
短時間パート勤務と変わらない収入ってどういうこと?
毎日2時間以上ただ働きってことになんない?

ってことは、派遣はあきらめて近所でパート探しましょうってこと?
パート勤務できるような仕事先も近所にないから
派遣でフルタイムの道を選ぼうかと思ってたのに?

実際の収入が短時間パートと変わらないってあり?
この国の法律ってとことん狂ってないか?
なんじゃこりゃ?

どういうスタイルで働けばいいんだい?
もう考えが及ばないよー。

ホントに、わけわかんないよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。