スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みずいぼ報告

長男の時は、数個、数箇所、1~2回の治療で治っちゃったので気にしたこともなかったんですが・・・みずいぼ。

次男は、アトピーっこのせいか、みずいぼのウィルスが肌に付きやすいとかで、とってもとっても全身に広がってしまう。

私も長男の時は「むしる痛みは、がまんさせてとる!」と強気でいましたが、さすがに毎回十数か所引きむしられること週一回の治療は、親子ともども心身ともに限界を感じてしまって、治療方法の変更を皮膚科のドクターに願いでてみた。

しかし、皮膚科のドクターは「漢方もあるけれど、時間もかかるし効果のほどは定かではないのでお薦めしません」と至って消極的。


でも、毎回泣き叫ぶ子どもを見るのも辛いし、すぐ数が増えてしまうので麻酔テープでの治療も無理そう。


母の決断としては、気長に民間療法で治すということにした。


民間療法の主な種類は

●「ハトムギ茶」「ヨクイニン」関係の摂取。
●「木酢液」(湿布や入浴に)
●「イソジン」の湿布
●「漢方薬(ゴレイサン)」服用
●「オリーブオイル」

みたいなのが多かった。
でも、それぞれに合う合わないがあるのか「コレ」で治った治らなかったを検証しつつ我が家流にアレンジしつつってことで挑戦することに。


先ずは「気長」が大前提ってことで。


今飲んでる麦茶をはと麦茶にする。(した。)
ヨクイニン末なるものを朝夕できればお昼も摂取させる。(させてる)
これは、現在も継続中。

木酢液は、家にあったので塗ってみたりしたのだけれど、アトピー部にしみて嫌がるので、時々入浴時に使うようにした。

で、オリーブオイルはどうも効果がないようなのでやめました。

先日、ネットであちこち検索してたら同じ4歳という年齢でイソジンの朝夕の湿布(患部に塗る)とワセリンとヨクイニン末を朝食べさせて、一ヶ月くらいの間に進退を繰り返し治したという記事をみつけたぼで、さっそく自宅にあったうがい用ではない傷消毒用のイソジン湿布を開始した。(↑なんだか説得力のアルブログだったせいもある。w)


幼稚園で、プールの授業があるのでここ1ヶ月の間(プール授業が休みの間)になんとか、治してあげたいと思う。





先日の頭シラミじけんといい、子どもの感染症ってなあ。
なんとか、ならんでしょうか?

スポンサーサイト

コードフリーク

昨日、モノを買ってみました。


ああ、サッパリ使い方が判らない。
で、いろいろ検索してみたところ結局、コード表の載ってる雑誌(1050円也)を買わねば、なんの役にも立たないことを知りました。

そして、本日「コードフリークAR」なる雑誌を購入し、ひたすらコードを手入力。しかも、子どもが一番興味のアル「野生のポケモン変更」コード長すぎます。


8桁×2がワンセットで、それを16行。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


英数文字混じってる(16進数)なので、到底子どもに任せて正確に入力できるわけもなく・・・

しかし、苦労の甲斐があってサクサクサクサク、マスターボールの数値かえるだけで「伝説のポケモン」入手できます。











つか、やっぱこれでいいのか?
労力を使った、一日だった。

禁じ手

長男が、ポケモンのパールをやっている。

ポケモンは、やっかいだ。
裏キャラじゃないが、何かのイベントじゃなきゃ手に入らないとか、映画のチケット購入が条件だったり、わざわざポケセンまで行かないともらえないポケモンが存在する。

普通にやってたら、手に入らないポケモンは当然のように存在する。

時に、バグがでるとうわさされる方法で、ゴーインに入手したりもするが、それでも入手できないポケモンは海千山千だ。

で、小1の長男が友達と遊ぶたびに「○○まだ、もってねーの?」みたいに馬鹿にされると半泣き状態なので、ネットで検索かけた裏技使って、シェイミーとダークライなるポケモンをゲットしてあげた。

これだけでも、任天堂に怒られそうなのに、友達はさらにPARなる違法ツールじゃねーの?って思われるような改造ツールを使って、さらなるポケモンをゲットしてることが判明。

どーもこの手の商品は、アイテムが使ってもなくならないみたいな、所持金も減らないとか、MAX強く出来るとか、そんなよーなことが出来るらしく「オメーら、そんなんでゲームして面白いんかい!!」って思うのが真のゲーマー魂なのだけれども。


まあ、小1くらいだとその辺は、言っても判らないのが悲しい性だね。w


それに、他のゲームはともかく大人目線で言わせて貰えばポケモンの商業手口は卑怯だしね。だって、通信機がないじゃなくって、映画に行かなきゃ、わざわざ遠くのイベントに出向かなきゃ、しかも過去のイベントならなおさら、手に入らないじゃないのさ。
それに、付き合う親もしんどいだろ?
大人も入場料とられたりするわけだし・・・


で、コードフリークなるものを誕生日プレゼントとして購入することにした。


ま、でも実際色々調べてもなぁ、あまり有力な情報も出てこない。
そして、秘技コードの入力をしないと使えないものらしく、それを入手するためには、そこの会社の雑誌を購入しないとほとんど使えないわけですよ・・・・・・


意に反した、商品ではあるのだけれどねー・・・
ま、ポケモンの配信の仕方自体がどーかとも思うし。
ポケモン対策用ってことで、認めざる得なかったってのーが、事実。





でも、どーよ?
実際、努力なしの無敵マックスにしてクリアして・・・面白いものなのかしら?




いや、いまさらだけどタミフル

タミフル、いろいろ騒がれてますけれども。


でも、どうなんでしょ?
テレビに出てるひとなんかも、みんなネコも杓子も「日本人は、クスリに頼りすぎー」とかなんとかかんとか、言ってますが。


でもさ、異常行動とタミフルの関連性なんて、きちんと定義づけられるのかしら?「熱せん妄」っていう症状が存在する以上はねえ、高熱を伴う病気のクスリとの因果関係なんて、はっきり言えるものなのかしら?


うちの長男が、A型インフルエンザに感染した。
ドクターは


「7歳だよね?処方するけどいいかな?飲ませた方が,いいと思うよ、この場合は。自分の子どもが感染したら、僕は処方するよ。今、言われている異常行動っていうのは、脳症の症状が出てくる時期と一緒なんだよね。だから、脳症との関連性はあるとは思うけれども、脳症自体にかかる確率を考えれば・・・」


という、説明でした。





熱発時、39度。診察時38度後半。タミフル飲んで翌朝・・・平熱。




正直、ちょっと怖い。
しかも、ウルトラ元気。
いいんだろうか?確かに、そういう気持ちにもなる。

働くお母さんにとって、早く回復できるっていうのは、確かに魅力だと思う。いや、専業のお母さんでも、やっぱり何日も寝込まれてしまうのは、やっぱり辛い。

どうなんでしょう?
もう10代には、もう処方されないっていうし・・・

私自身だったら、迷わず処方してもらうんだけどね。
だって、子どもは寝ていれば治る。
しかし、近所に助けてくれる身よりもなく、夫も当てにならないこの家で、私が長期寝込むわけにはいかないし。w

一方的に与えられてきて、一方的に使えなくなるっていうってことが、私には、不満だなあ。


ただ、善きに悪きにマスコミの報道の仕方が問題なんじゃなかろーか?

家内不健康

3月の初頭に次男が、風邪を持ち込んだ。
彼自身、咳き込みと微熱が続き夜に上がり昼に下がるような症状が1週間以上続き、長男に感染し、私に感染し先ず高熱で3日その後、激しい咳き込みと、微熱の上がり下がりを10日間以上で、廃人と化していた。

やっと、回復かと思いきや、長男A型インフルエンザ。

っつか、もう4月だってーのに。
今年の冬は、ホントにおかしい。

インフルエンザが、家族内に蔓延しないことを祈るばかり。


私も微妙な体調で、最低限のこと(子どもの食事の世話と洗濯くらい)しか出来ず、年度末でやめてしまう幼稚園関係者のことや、転園してしまうお友達のフォローに動けなかったことモロモロを思うと、自分の体力の無さに心まで折れてしまい、大好きな(笑)ネットすら開く気にもなれなかった。

しかも、熱ダルで動けないところへ、子どものアタマジラミ発覚で、さらに落ち込みに追い討ち。
体調不良でお風呂に入れれない日が2~3日続いた日もあった。
具合が悪くて、子どもの様子をよく見てやれなかったからだと自分を責めて撃沈。

いや、冷静に考えれば小学校で給食の帽子などでうつされてきたと思えば、なんてことないんだけど。
はやってる、はやってるって言うけど、聞いたこと無いなあなんて、思ってたのは・・・



感染者は「いえない」のだ。


うちは、アタマになにやら白いフケとは違うプツプツ(卵or殻)が付いてることで発見されたんだけれども、シラミ用シャンプーを使ったら、
親シラミのデカイのが、出てきて・・・それ見たら「人に言ってはいけない!」と、思わざるわけにはいかない。

逆にこんな風に気づかないうちにドンドン感染してるんだな。
いっぱい、気づいてない家庭もあるんだろうなあって思った。



よく、感染した人に「不衛生」とか「差別」云々なんて耳にするけれども、なってみると判る。


「不衛生」だから「発生」するものではない。


うちは、特にキレイ好きでもないけれども、人様に不衛生といわれるような暮らしでは、ないと思うし。
親が、気が付かなくて蔓延していくみたいな。

とりあえず、子どもたちの髪を短く切り、専用シャンプーで洗って、ほぼ撲滅のところまできてると思うんだけれど。
もちろん、親(私たち)も同じシャンプーを使って駆除した。
(多分、同じタオルやブラシを使ってるから、感染を前提に考えて。)

ただ、私がロングなのでちょっと、まだシンパイみたいな。


もう、そんな状態で心身ともに打ちひしがれている不健康状態。
今年の冬・・・やっぱり異常です。




身も心も折れまくりです。

ただ、保育園、幼稚園、小学校のお子さんのいらっしゃるおうちは、ホント時々、気をつけて頭見てあげてください。
カブリモノの共有は、もちろん頭をくっつけて遊ぶような世代のオコチャマは、どこで頂いてくるかわかりませんから。

感染者は、気づいていても人知れず治療の道を選んでます。(気づいてない場合も)だから、感染源は突き止められない。誰しも持ってる危険性ありだと思ってたほうがよいです。

「命」に関わらないので、保険適用がされないのでみなさんご自分で駆除剤を使うしかないっていうのがなあ・・・
保険適用してくださいよ。専用シャンプー、薬剤・・・高いっす。




不健康は、身も心も財布までも直撃です。



いいおかあさん風

今日、次男をつれて小児科に。

おとうさんが、3歳児くらいと2歳児くらいを二人連れて待合室にいた。待合室は、座れない人もいうるくらいの状態。もう、インフルエンザ風のぐったりした子どもが多数いる中、そちらのお子さんは、元気一杯。

感心にもおとうさん、よく相手してあげます。
が、しかしココは、病院。
↑に書いたように、待合室はぐったりした患者さんが、いっぱいだ。一緒に、騒ぐのはどうなのか?
しかも、携帯の着うた、フルヴォリュームはなかろう。


おかあさんが、子どもに絵本を読んであげている。
もちろん、重症患者ばかりが来てる訳ではないので、それも小児科では、よくある光景。
しかし、1人だけ大きな声で、抑揚をつけて臨場感たっぷり、いいおかあさんオーラ全開のおかあさまが。

ほとんどのお母さんは、周囲に気遣い小声で読んでいるんだけど?おまけに、立ち上がって子どもを抱き、わざわざ壁掛け時計の音楽のかかるスイッチを何度も押させる始末。
時間が来るとオルゴールの曲がかかるタイプのもので、確かに騒音という音でもないけれど。だけれど、それを何度も鳴らさせるのは、どうなの?


そして、その小児科の薬局へ行くと、上記の親子が帰ろうとしてるところへ、遭遇。
おとうさんのところは、出した本もぐしゃぐしゃに散乱させたまま、おかあさんは子どもがイスに並べたぬいぐるみも、イスに多数出したおもちゃも放置したまま、帰っていった。


はたから見たら、よく子どもの相手をしてあげて感心とか、子どもをあやすのが、上手とか、いいお母さん?いいお父さん?って風にそこだけみれば、思えるさ。




だけど、公共のマナーの守れない大人ってどうなの?



それとも、↑はマナー違反じゃないのかな?
厳しすぎる?

小児科に行くと、自分の子どものことしか考えてない、一見いいお父さん、お母さん風の人に会う。
自分の子が、可愛いのはみんな一緒だ。だから、一生懸命相手をするのは、いい。
でも、他者にたいするマナー、公共のマナーっつうのを教えるのも親の役目じゃないのか?

なんだかなー。
なんか、君ら違うぞーって思うのは私だけか?

私は、彼らの散らかしたおもちゃや本を片付けて帰ってきた。
だって、なんか気分悪いじゃない?
具合が悪くて来てるのに、イスはおもちゃや本で散乱してるのって。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。