スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず

2ヶ月で。
受けました。w

まあ、保険料引かれなくても
時給の低さから旨味率低いよね。

でも、何かをある程度譲渡しなければ
この環境では仕事自体にありつけないのもまた事実。

できるだけ、少ないリスクで
家計がプラスにできるよう。

それで、少しだけ自分に厳しい条件でがんばるというところで。w

正直、フルタイム長期も10年ぶりなんでね、
自身がなかったのもあるので。
自分なりの社会復帰へのトライアルとしてなら
この条件でも充分かなと思う。

保険料払って長期でってのは、ちょっと想像も及ばなかった。
この収入や条件ではね。

ここは、がんばりどころと思って、
自分建て直しにがんばります。

でもね。
厳しい条件で突きつけてきた派遣会社ではあるんだけれど、
何社か登録してるうちでひとつの案件がダメになったあとも
仕事を紹介の連絡くれるところって他、ないんですよ。

だから、勝手に長期の話に摩り替えられたのは
キッソーって感じはあったものの、
営業さんには感謝してます。

2ヶ月の短期の枠にも入れてくれたしね。
だから、あとは私のがんばりで答えていかなくてはと思ってます。

とにかく、派遣会社に対して就業の実績をつくることが大事なんですよ。
派遣社員は。
つまんない条件の仕事でもキチンと責任持って勤めることが、
派遣会社と派遣就労者の間の信頼関係なんですよ。

これは、経験から言えることで、
景気のよいときでも条件よく働いてたときでも
のちのち助けてもらえるんですよ。

まあ、このご時勢条件どおりの仕事なんかはでてこないとは思うけど。
つなぎのちょろちょろした仕事でもね、コンスタンスに紹介してもらえるようになれればいいかなと。

就活は、2ヶ月間お休みってことで。
さすがに、全否定の繰り返しはどんなに前向きにがんばってても堪えます。
だから、ちょっと仕事して
がんばれる自分の再確認してみようと思います。

ホントにいろんな世の中の事情ってのを肌身に感じました。
でも、無駄ではなかったとそう思いたいっすねー。

ま、月曜からがんばりまーっしゅ。
スポンサーサイト

難しい難しすぎる!

いろいろ調べてみた結果、扶養認定の金額とは別に
2ヶ月以上の就労とか1日8時間週40時間勤務とかそれに準じる就労がある場合、
社会保険への加入が義務付けられてるらしい。法律で。

つまり派遣でフルタイム長期を希望した場合、
時給が安かろうが交通費でなかろうが、
社会保険に加入しなくちゃいけない。

首都圏ならまだ時給もよかろう。
この北の最果ての最低時給の金額で週40時間働いたって
月収10万前後だ。しかも、派遣会社によっては交通費なしのこの時給だ。

扶養を外れ、配偶者手当を削られて
働く意味が果たしてあるのだろうか?

1000000000000000000000000000000000000000000歩ぐらい譲って、
自身が社会保険に加入したとしよう。
しかし、派遣業。
この長期期間が切れたあとに、すぐ切れ目なく仕事が見つかる保障がない。

また夫の扶養に入って、その2ヵ月後とかに仕事が見つかったらまた扶養を外れるって事になりうるわけでして。
夫の会社の担当者の人、怖いし。
そんな面倒をこの先、繰り返すっていうのもちょっと

今回は、親方日の丸関係らしいので時給が低いとかって話だけれども、
この案件が自分に回ってきた理由がわかった気がする。
割りに、絶対合わないからだ。

そりゃあ、月5~6万収入があれば御の字だけれども
夫の収入から下手すると最低でも24000円のマイナスがでてしまう。
6万から、2万4千円ひかれたら、あーた。
4万以下ですよ。

そしたらパートで1日4~5時間働いてるのと変わんない手取りっすよ!

ねえ、なんかフルタイムで働くメリットって何?って気持ちがぬぐえないんだけど?
お国は、低所得者からどんだけ搾り取れば気が済むのだ?
なんだこれ?

はたらきたい気持ちはある。
フルタイムにこだわってるわけじゃないけど、フルタイムで働く収入が
短時間パート勤務と変わらない収入ってどういうこと?
毎日2時間以上ただ働きってことになんない?

ってことは、派遣はあきらめて近所でパート探しましょうってこと?
パート勤務できるような仕事先も近所にないから
派遣でフルタイムの道を選ぼうかと思ってたのに?

実際の収入が短時間パートと変わらないってあり?
この国の法律ってとことん狂ってないか?
なんじゃこりゃ?

どういうスタイルで働けばいいんだい?
もう考えが及ばないよー。

ホントに、わけわかんないよ。

なめてる

舐めてる。舐められてる。足元みられてる。

時給670円。
交通費無し。

これは、いい。
地方の相場があるから。
妥協できる。
交通費ないのも目をギリギリつぶれる。
フルタイムだから。

でも、時給がこれで交通費自腹な上に
社会保険料なんて、払えない。w

だって、フルタイム働いて、保険料引かれて
月収6万って

ないよねえ。
なしだよー。

だって、充分扶養範囲の金額なのに
何ゆえ、わざわざ自腹で保険?
10万超えるなら考えるけどさ、手取り6~7万で社会保険ってなー。

派遣法のせいで、
たぶん、2ヶ月超えると加入義務が生じるんだろうけどさ、
これ扶養範囲にある人に金額に関係なく適用するのってどうなの?

派遣で働く人にも保障を!という考えに基づいてなんだろうけどさ、
扶養範囲で保障されてる人間に当てはめたら明らかに
世帯収入下がるだろー。

悪法とはいかないけど、ザル法だよなあ。

派遣会社の人も長期に空きが出たっていうけどさ、
このルールじゃ長く勤める人すくないんじゃない?
まったくもって、働けど、働けど、我が暮らしなんとかだよ。

長期って言われてもラッキーって感じが全然ない。
だって、損だもーん。

年齢的なこと、子供の事なんかで条件的な不利な人間に
むちゃぶりしてるって感じだよなあ。

でも、このご時勢、贅沢は言ってられない。
だけど、世帯収入が下がるような仕事だったら受けてもなー。

短期だったらお受けしますよ。

傭兵稼業ふたたび

若い頃、派遣で働いていた。
仕事があるよと呼ばれれば、どこへでも。
そんな感じで派遣稼業を傭兵業と考えていた私。

ま、ヤングな時分にくらべ、
今は引く手が全然少ない売れない傭兵なんだけど。w

今、在宅のトライアル試験受け中。
ま、これも受かったからと言って仕事がわんさか入ってくる約束はない。
そして、希望職種で一社パートの申し込みで書類審査中。
その結果いかんでは、受けるかもしれないデータ入力の派遣の仕事。
日曜日締め切りのテープ起こしの仕事。

これらが今、同時進行で動いている。

せわしない状況には違いないんだけど、
どれもこれも何一つ確定されてることではないわけで。
日曜締め切りの仕事は、ともかくとして、
確実に働くことに結び付けられない現状がもどかしい。
パートの申し込みは、書類選考なのでまた年齢とブランクで落とされる確率のほうが断然高いし、
かといって、派遣で打診の来てる仕事は、2ヶ月間の短期。
しかも、朝は子どもより早く家を出ないといけない。
そして、交通費も出ない上に時給も格段に安いときてる。

しかし、贅沢を言える立場ではないのだ。
40代、再出発。

老兵は、ただ去るのみ。
って、引退していいような立場でもないのが切ない現実。w

先ずは、だめならダメでパート採用の結果をもらってから、
と思うのだけれども、派遣の返事の先延ばしは、他で決まってしまう可能性も。
二兎追うものは一兎も得られないことになりかねない。
危険な賭け。

まあ、どうしてもやりたいっ!と仕事(派遣のほうね)ではないのでね、
ダメだったら、ご縁がなかったってことでと思うしかない。

こうなんか割り切ってるように思われるかもしれないが、
実際は、そろそろ働かないと良い正月が迎えられないような時期に来ているわけで。

しかし、自分の意思ではどうにもならないところで
すべてが動いているのが、もどかしい。

年老いた傭兵は、傭兵で
違う意味で気をもんでいるのだ。

ああ、なんでもいい。(よくないけど)
時間帯がどストライクの仕事、決まんないかなあ。

パートタイムソルジャーは、悩めるわけです。


new type

新型インフルエンザの洗礼を受けた。
子どももそして私も。

子どもたちは3月にB型インフルエンザを経験して今年2回目。

新型インフル、弱毒性とは聞いてましたが、
さすがA型の流れを汲む者(?)
昼前は元気だった長男が昼過ぎに気持ち悪いかもというので
体温を測ると40度!!

びっくり。
もう、この時点で新型インフルエンザ確定ってな勢いでの発熱。

あたかも10月の3連休のまっただなか、
救急外来にいくも、病院からあふれる人の波!
受付するにも長蛇の列。

受付で2時間以上は待つでしょうといわれるものの、
どうみても2時間ではける人数ではないので、
一旦自宅にもどり、3時間後にもう一度いくと、
さらにあと2時間以上はかかるとのこと。
3時間後に再々トライ。

クスリもらい終わるまで、トータル7時間の長丁場。
おかげで、付き添いの私まで感染する始末。
夫が出張に出た翌日、十年ぶりぐらいのインフルエンザ感染の40度の私と
長男からうつされた40度の次男を抱えての受診。

自身もあまりの辛さに小児科で一緒に診察してもらった。www

結局、39度代の熱がまる2日(私は1日半くらいかな?)、
平熱にもどるまで4日ぐらいかかったかな。
でも、長男もアレルギーがあるにもかかわらず、高熱でも
重症感なく、無事に生還。(クスリは3人ともリレンザが処方されたよ)

弱毒性っていうのは、嘘じゃなさそう。
ただ社会のほうが、対応し切れてないんだなと言う感じ。

というのも、夫は感染もしてないのに
受診しろとか証明書とれとか、自宅待機しろとか、
もう不条理の連続。
季節性のものと変わらないって言われてるのに大騒ぎ。

ここら辺が、社会と医療関係の情報にギャップがあるって感じ。

まあ、ともあれ家族全員無事に生還したので、
今となってはって感じで。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。