FC2ブログ

恐怖の診察室

今日、トロの足のウィルス性のイボの液化窒素での治療一日目でした。
(尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と、いうのが正式名称らしい。)

先日、水イボをピンセットでつままれてからというもの、
皮膚科に異様に恐怖を覚えるトロでは、ありますが、待合室で一緒に
ポケモンのゲームなんかをしていたせいか、診察室に入ったところまでは、
落ち着いていました。

先ず、ドクターに先日の水イボのあとを見せ、もう大丈夫かどうか確認。
この頃より、既に半泣きのトロ。

「こっちは、とりあえずいいですね。」と、ドクター。

「やらない?やらない?ひっぱんない?」と、半べそのトロ。

「水イボは、いいって。じゃ、今度はこっちね。」と、靴下を脱がす私。

なにもされてないのに、もうウエウエしております。
ドクターが、

「じゃ、やるよー。」

チチチチチ・・・と、液化窒素をあてがいます。

「!!!痛くな・・・いいいいいいいいいいいいいいい~!」


どうやら、当て始めてしばらくは、ぴりぴり感だけで痛くなかったみたいです。だんだん、そのチリチリ感が痛みへと・・・

再び、診察室で大絶叫でありました。
よく、がんばったね。と思う気持ちと診察室を出たときに
待合所で待っていた子供たちの表情が固くなっておりました。w

待ってる子供たち・・・診察室でなにが起こったのか想像を掻き立てていたのでしょう。人(- -)スマヌ・・・

ただ、気になるのが、ドクターにどれくらいで治るんですか?と質問に
「大きいのだと、一年くらい掛る人もいますねえ。3回くらいで治る人もいますけど・・・」

一年ですか?!

一年も7~10日サイクルで通うんですか?
マヂ?
・・・と、気が遠くなりつつも治療スタートしました。


がんばったね、トロ。
がんばってな、トロ。(((泣







***

で、嫌がるトロをどうやって連れて行ったかというと、

「トロのイボは、いいじゃん!ママのおなかの中のは、どうなっちゃうかわかんないんだから、トロもどうにかなる前に、行こう!」

・・・と、よくわからない言葉で説得して連れて行きました。



ええ、私の結果もソロソロ出る頃です。
はぁ~・・・知りたいような・・・知りたくないような・・・


スポンサーサイト



コメント

明けましておめでとうです。
がんばったね、トロくん。
痛いんだよね、子供で叫ばない子は、みたことないもん。
私だって、「先生。何回(窒素を)押しつけるんんですか~~~v-12」と、つい確認してしまう…。

妊娠出産期は一年半通っても治らなかったけど、
免疫力が戻ってからは、1センチ直径くらいのが半年、
5ミリくらいなら2ヶ月くらいだったような。
子供は免疫力アルから大丈夫なんじゃないかなあ。

痛みに耐えたらご褒美作戦はどう?
私は、水が手イボに滲みるので家事ができない…
ということで、お総菜づくしの夕食してました(←ご褒美?

やっぱり、そうなの?!

★もっちさん

ウヒイ!ホントに、一年以上掛るんだね。
でも、よくならないんだ?

なんかトロは、少し痒いくらいなんだけどさ、
放っておくと、広がるから治療するのかなあ?
もっちさんも気力と根気で通院してるんだね。

痛かったみたいだけど、次もちゃんといくんじゃないかな?
「これで、しばらくいかなくてもいい~♪」って言ってたから、次も行く気でいるんだなって。w

やっぱり、子供のスイミングはさ、イロイロ貰ってくるね。
みっちちゃんもスイミングだよね?
ビート板で一番感染するのが、水イボなんだって。

じゃ、もっちさん、これからもトロと一緒に治療がんばってくださいね!痛みを分かり合えるってことで。w
よろしくね!

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する