FC2ブログ

火の女

今日は、夫と甥っ子の誕生日。
で、ありながら祖母の命日。

おばあちゃんには、悔いる気持ちが大きすぎて
おじいちゃんを語るように、上手く語れない自分がまだいる。

亡くなって3年目。
この頃、人格が崩壊する前の
幼い頃から18まで一緒に過ごしたころの彼女の方を
思い出せるようになってきた。

旅行好きで、いつもきれいに身だしなみを整え、きれいに化粧していた祖母。
おじいちゃんとは、犬猿の仲(申年の祖父&戌年のの祖母)で、
ひとたびケンカすると、決して祖母も祖父に負けず劣らずの勢いで
食って掛かる女性だった(笑)

母に対しても、若かりし頃は結構、辛らつな事を言っていた節もある。
気性の激しいまさに



『火の女』



もしくは、女猪木。w
だったなあと、元気だった頃の祖母は。
母は、娘にはなれなかったけど、
少しずつ、人格が崩壊していく中で
母は、祖母の母になっていた。

そんな祖母の出地というのが、
父ですら、詳細を知らない。
多分、プライドの高い祖母は一切そういうことを
家人には、話さなかったのだと思われる。

90過ぎのあの世代で、高等女学校に通い
水泳を習っていたと言うぐらいだから、
かなりのお嬢なのかと子供時分には、
思っていたのだけれども。

祖父の下へ嫁に来たときの話を彼女は



「犬猫を貰ってくるように、顔もどこの誰だかわからないこんな辺鄙な土地にきた」



と言っていた。
昔の人ってこんなものなのかな?
祖父は祖父で、貧しい家の出でお寺に里子に出されて
かの地へ渡ったのだという。
そして、嫁に来た先には、
祖母を追い出そうとする女の影ありだの、
せっかく授かった子どもを亡くしてしまったりと、
ものすごい波乱万丈の人生を歩んできた女性みたい。

祖父の方は、さらに謎に包まれてるんだけどね。w
祖母は、とりあえず良く似た妹さんがいたという記憶はある。

父の話では、祖母はお妾さんの子どもではないか?
ということなのだけれども、多分、本人なにも語ってないので
そこらへんは、まったくの謎なのだ。w

まだ祖母を偲ぶには、
罪悪感を引きずってる私なのだが、
夫とケンカしている時に、
私は『火の女』の血を感じる。www

血は、やっぱり水より濃いんだなあと
おばあちゃんの命日に思う。


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する