FC2ブログ

mother

お正月早々、義実家の動向に
右往左往でしたが、それもつつがなく過ぎ
まったりとした自堕落な正月に戻りました。

義実家には、いろいろ思うところがあるのですが、
基本は、ホントにいい人たちなんです。
私にも分け隔てなくファミリーとして接してくれているんです。

ただ、付随する問題も
わけ隔てなく振られるんです。
いや、一人嫁いでいるという点からみると
うちに比重が多くのしかかってる気がします。

親孝行、もちろんわかります。
ある意味、当然の義務でもあるかと思います。
しかし、その兄弟姉妹までの責任まで振られても・・・・・・

姻族、親族に爆弾因子を持つ苦労を背負っている
友人も多数おります。
うちだけでは、ないと思います。

縁を切ってる人、線引きをしている人、
うちは、今距離感を計っていると言ってもいいかもしれません。

うちの場合は、義母と義父がもう夫婦として崩壊していることが
一番大きな原因かもしれません。
だから、経済的に破綻している娘の経済支援にしても、
夫婦足並みをそろえて援助できない。
そもそも、夫婦破綻の原因が義父の借金・・・・・・だと思われ。

ゆえに娘をなんとかしたい母は、近くに引っ越してきた
長男に知らず知らずに期待してるのではないかと。
義父と一緒よりも子どもたちを自分にまわりに
とどめて置きたいのだと思うのです。

なので、なにかあると
親+姉妹+子がセットで動きます。


それぞれの家族と、それぞれに付き合うなら
そんなに大変ではないのですが、
それぞれの兄弟の子どもがセットで一斉にうちに来られると
さすがにちょっと、大変なんですよ。

性格的に破綻しているなら、
自分の中で切り捨てることもできるんですけどね。
そうできない人の良さが罪でもあるんです。

義母の苦労は、ある意味
私の今までの苦労に近いと想像します。
夫の身勝手な行動に振り回されてきた。
故に愛情をすべて子どもに向けているんだというのも
わからなくはないんです。

なので無意識で長男に
『助けて』もらおうという行動、言動にでるんでしょう。

反面教師なのです。
義母は、私にとって。
だから、私は常に自立していこうと努力し続けるのです。

そして、それは実家の母にも言えることで、
祖母の介護にがんばった母を親族一同、
嫁の鑑と賞賛しました。
でも、誰も母の苦労なんて少しも思ったことはないんです。

母は、家に親族に悪く言えば束縛されて来た人です。
母自身の母親を幼少期に亡くして、
帰るべきところも逃げ込むべき場所もなかった人です。
父だけが頼りだったのだと思います。

そんな母を嫁になった今、尊敬はもちろんしていますが、
やはり、母のような人生は送りたくないんです。
家や親族に縛られて甘んじる生き方はしないと。

夫に苦労したけど、親族のめんどくささを知らない義母。
(義母は、義父の親族とはほとんど付き合いがない。長男じゃないし、義父)
夫に問題はないけれど、親族に相当苦労した母。

私は、どちらもスゴイとは思うけれども、
絶対、どちらの生き方もしたくない。
二人とも実は、幸せだったりするのかもしれないけれど
私は、どちらの生き方もできない。

ま、どっちの場合も『夫』がきっちりしていれば
なんの問題もないわけなんだけどね。www
夫、婚家の選び方で失敗した点では、もうすでに一緒なんだけれど。

そんなことをつらつらと考えてしまった正月。
だから、去年暮れから目指してきた経済的自立を
今年も目指していくわけ。

ある意味、有意義な経験だったのかも。
今朝、起きたの10時。
十分、フリーマンか。www
スポンサーサイト



コメント

ZENちゃんの思うところ、
分かる気がするよ。

実は私もてんこ盛りよ~~~~。
実父には言えない。
心配させたくないしね。
もし、母が生きていたら何て言うだろうと
時々考えるけれど・・・・
いや、「if」はない。
・・・・なくて良かったんだと、
自分で納得する。

亡き母を見てきて、
私もその大変さに
「母のような結婚はしたくない」と
思ったものです。
(私はそんな器ではないし、
苦労はしたくない、なんてね)


時々色々考えて押しつぶされそうになるけれど、
負けてられない。
今を生きなきゃ。

なぁんて、
そんな事を考えているよ。

何が良いのか悪いのか分からないけれど、
誰のものでもない、
きっと自分の道を歩いてゆけば良いんだよね。

相手のことを理解できてしまうからこそ苦しいこともあるね。
私も理解したかった。多分、誰よりも理解しようとしてた自負さえある。涙
だけど、そんなの、私の義母にも親族にも関係のないことだったんだ。
自分に出来ないことは、無理せず、線引きを示したほうが、お互いのためなんだと思うよ。

その距離感の取りかた、うちも、初めての経験で、
多分、お互いにわけ分かんなかったし、難しかった。汗
結局、私個人的には縁を切ってしまった。葬儀にも行くものかとさえ思ってしまう。
多分、あちらもだなあ。(今だに嫁の悪口三昧らしいよw)
こうはなりたくなかった最悪のパターン。^^;

私も、趣味に庭仕事に家事に精出そうと思ったのは、
義母が反面教師なんだ。www
人生を、楽しく生きるよ。
経済的な自立はできるかわからないけれど、
少なくとも、物事を人のせいにしない自立はするつもりなんだ。

★もっちゃん

もっちゃんもずいぶん苦しんだよね。
ある意味、精神状態が崩壊し始めた人を相手に生活していくのは、並大抵のことじゃないと思うんだ。

きっと、親の面倒は見なきゃって思いながらも私は、もっちゃんの努力の十分の一もできないと思う。
親族の問題は、ひとりじゃ解決出来ないのが難しいね。
どちらか近い方がキチンと線引きをしてくれないと自分の中で罪悪感になりそうだから。

起きてないことを心配するより、経験していくことでしか学べないこともあるんだね。

ありがとう。
なんだか、心強くなれたよ。

★OKOちゃん

OKOちゃんのところも大変なのでしたよね。事務所を引き継いだりして。
それのにいつも家族思いで明るい家庭を作ってるOKOちゃんって本当に素敵。

起きてもない先々を考え込んでる私は、まだまだだなぁ。

こういう事を経験して大人になっていくんですね。

みんな、色々抱えて自分らしく生きてこうって頑張ってるんだよね。そう思うとまだまだ頑張らないとって。

ありがとう♪

よほほほほ。
義実家の借金については
一家言はおろか二家言も三家言もある我が家w
長男家はなんだかんだで被せられるからねえ。

ここんとこは息子である相方に
「お前の守るべきものは実家ではなく
今ここにある家族だろう!」を実感していただくのが
最重要課題だよなあ。

我が家もこれに関してはずいぶん話し合いました。
これ以上援助するなら旦那と私の生活がどうなるか、
それを良しとするのか、
それでいいなら自分の負担に文句言うなとかw
「無い袖はふれない」これ金言。

でもきっとこれからもなんかあるんだろうけどね。
頑張って働こうぜw

★あべっちタン

>「お前の守るべきものは実家ではなく
今ここにある家族だろう!」

↑これ、これがヤツには、わかってない。
たぶん、生意気な嫁やなつかない子どもより頼ってくる実家がかわいいんだろうなって思うときがある。
でもって、また悪循環。
ホント、こればっかりは血縁者の旦那がはっきりと明言しないと依存されるばかりなのだよね。

まあ、次は言うけどね。
そのために働き出したしね。
ホントにがんばって働かなきゃだね。
ある意味、勤労意欲につながるってことにしておこう。w

あべっち家の金言は、ホントに黄金言だよ。
ありがたや、ありがたや。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する